忍者ブログ
フェイテルが暴れる場所。
<< 08  2017/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>


2017/09/23 (Sat)                  [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/11/30 (Tue)                  まーた負けちゃった。
メンバー的には悪くなかったはずなのに、またもベスト8決定戦で沈んだうちのチーム。
優勝で浮かれすぎてたのかにゃ―…ううむ。
まあ、いつまでもくよくよしてる場合じゃないので、次回以降の戦術でも練りますか。

続きにて、うちのチームのネタをちょっとばらしてみたり。


さて、前にも各メンバーがどういう要因か書きましたけれども、
今日はオリジナル戦法によってどう変わったか、と言うお話を。

面子のレベルと職内容見てくれれば分かります様に、完全にガチという訳じゃなく。
どちらかと言えば、自分の趣味の中で如何に戦うか、がメインになってます。

逆に、戦法は色気も何もない、効率重視になってます。

各個撃破、特化。
敵優先順位→行動順、遠い敵、追撃(範囲系の敵を集中して落す)
回復、無し。
チャージ、麻痺、プラスワンの複合戦術(相手次第で変える)
死にかけた敵にはフィニッシュ仕掛ける

今回の敗因はクラッシュによる初動の遅れとビーチェの2ターンでの即死。
前者はタゲを分化させ、後者は攻撃の鈍化、敵攻撃の激化を招きました。

どちらかが無ければ、凌駕勝負に持ち込める試合内容でした、
チャージ入った後の範囲火力がやはり、強い。

連携チャージは掛ける相手が近場に居ると出る&すでにかかっている相手には行かない、
なのでフェルディナントに飛ぶことはまず無く。
ビーチェは十字剣で剣エンチャントを掛けた後チャージ付きになるため、
壁らしくない高火力を叩き出してくれます。

私の方は言わずもがな、範囲アクセ特化してるので、チャージ掛ければ
300前後のダメージもそれほど無理なく出すことが出来ます。

という事で今回のキモはエスティマさんの飛翔演舞でした、やはりあの技は強い。
随分頑張って貰ったのですが、それでも前半の遅れを取り戻せずにダメージレース負け…
まあ、こればかりはどうしようもない、としか言いようがない。
次回に期待、という事で。
PR
// この記事にコメントする //
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
董院・紗響
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター
忍者アド

Designed by TKTK
PHOTO by *05 free photo

忍者ブログ [PR]